インプラントとは|結崎駅で歯科をお探しの方

インプラントとは

 

インプラントとは

イメージ

歯の失われた部分のアゴの骨に人工的な歯の根っこを埋め込み、その上にセラミックなどで作られた歯に近い代替物を被せる方法、これがインプラント治療です。

治療の流れ

診断並びに治療計画の作成、説明

歯の状態を丁寧にカウンセリングし、患者様に適した治療方法を場合によっては複数、ご提示させていただきます。
患者様によって、失ってしまわれた歯の数、インプラントの土台となる骨の硬度、治療する歯の位置や、その大きさにより、最適な治療方法を選ばせていただきます。
レントゲンや、お口の中の写真を撮影し、丁寧な診察により現状を的確に知り、インプラントの治療計画を立てていきます。

インプラント治療の前処置

インプラント埋め込み前に、治療する歯以外の歯周病の治療ならびに、カリエス(虫歯)の治療を行なっておきます。
また、インプラントを適切に骨に埋め込めるように、骨充填剤などを用いて骨を増やす処置、骨造成(こつぞうせい)を行うケースもあります。

インプラントの埋め込み

イメージ

インプラントの埋め込み後、骨とインプラント体が馴染むまで、インプラント治療をした箇所、患者様の骨の状態等にもよりますが、6-24週間程度の期間を安定期間(オッセインテグレーション)としています。
この期間は、義歯を一時的に使用するケースもあります。


骨とインプラントの結合が安定する期間

イメージ

一次手術後、インプラントが骨の中でしっかりと接合されるまでの安定期間を設けます(オッセオインテグレーション)。 安定期間はインプラントを埋めた部位や骨の質などで個人差がありますが、約6~24週間です。 この間は仮の義歯を使用することもできます。


インプラントと骨が一体化してきた後の処置

イメージ

歯肉に隠れた、顎の骨に一体化したインプラントの頭部を切開により、露出させます。
人工の歯を取り付けるための、土台(アバットメント)を取り付ける処置をします。
切開した歯ぐきの状態が、通常の状態に戻るまで約6週間ほどの時間を要します。
ここまでで、外科処置は終了となります。


人工歯の成形、インプラントへの装着

イメージ

切開した歯ぐきが、健全な状態に戻った際に、口の中、歯の型を取ります。
歯並びやその形状、歯の色をチェックしていきながら、インプラントを覆うセラミックでできた被せものを作ります。
セラミックの人工歯が完成したら、インプラントへ装着し、治療は終了となります。


インプラント治療後のメンテナンス

イメージ

インプラント治療が終わりましたら、1週間後、1ヶ月後、3ヶ月後、半年経過後と、定期的な検査を行います。※検査の間隔は、お口の中の状態などで変動します。
インプラントの生存率は、10年で 90~95%といわれています。しっかりとメンテナンスを行い、長持ちさせましょう。


従来の治療法との比較

ブリッジの場合

イメージ

抜けた部分の左右の歯に掛けるブリッジは、健康な歯を削る必要がありますし、ブリッジと歯の間の衛生面や、噛み心地など問題があります。

バネ掛けの場合

イメージ

バネ掛けの場合もブリッジと同様に、左右の歯が傷つくなど負担が掛かりますし、噛み心地や審美(見た目)的な面で多くの問題があります。

インプラントなら

イメージ

インプラントであれば、健康な歯を削ったり支えにしたりする必要もありませんし、異物感もなく、ご自分の歯のように物を噛むことができます。もちろん審美面でも、自然できれいな歯並びを実現できます。

静脈内鎮静法について

麻酔注射が痛い、歯を抜くときの感覚が苦手など、歯科治療に対してマイナスイメージを持っている患者様も多くいらっしゃいます。静脈内鎮静法とは、治療に不安を持っている患者さんや、長時間の外科手術に最適な方法です。

静脈内鎮静法とは

歯科治療での麻酔というと歯茎に注射をする方法が一般的ですが、静脈内鎮静法では、鎮痛薬や向精神薬を静脈に直接注入し、麻酔状態をもたらします。薬を投与すると1~3分程度でうたた寝をしているような状態になり、その間に手術を終了させてしまいます。痛みも不快感もなく治療が受けられる画期的な方法です。

危なくないのですか?

静脈内鎮静法では、全身麻酔のように完全に意識がなくなることはありません。医師からの問いかけにも応じたり、会話をしたりすることも可能なので、術中の体調変化にも迅速に対応できます。そのため、全身麻酔に比べて安全性が高いといえます。

どんな効果がありますか?

静脈内鎮静法には精神の緊張状態を緩和させる効果があるため、手術中の不安感を解消し、リラックスした状態で治療を受けていただくことができます。治療中の不快な経験も残らないことが多く、術中のことを、全く覚えていない人もいます。

静脈内鎮静法が適応となる方

  • 歯科治療に対する恐怖感が強い方
  • リラックスした状態で治療を受けたい方
  • 治療中に気分が悪くなったことのある方
  • 他の病気があって、治療に不安のある方

この方法で手術を受けた患者さんの大多数が、次回のインプラント手術の際にも静脈内鎮静法を望まれております。歯科治療に恐怖のある方、詳しい内容を知りたい方は、どうぞお気軽にご相談ください。

 

岡澤歯科医院
 

診療科目

■一般歯科 ■小児歯科
■インプラント ■口腔外科
■審美歯科(ホワイトニング)
 
 

診療時間

診療時間

◎ 3:00~8:00
△ 3:00~5:00

休診日/木曜日、日曜日、祝日

お待たせすることが無いよう予約制とさせていただいております。 お電話にて症状とご都合をお聞かせください。

■各種保険を取り扱っています。
■保険以外の自由診療については治療内容をご説明し、ご相談させて頂きます。
 
当院へのアクセス